wan chronicle

老犬との暮らし

娘と初孫と

自然食の本を読んでから、私は今の食生活で良い、との思いが強くなって来ました。

肉食はゆるく避ける。和食中心。新たに足したのは梅干し。そしてほぼ毎日の味噌汁。それでも最近、おやつを食べるようになったせいなのか、身体に小さな湿疹ができて痒い。ポツポツと手の甲にできたり、足にできたりする。身体が酸性に傾くとできものができやすくなる、とは私の持論です。

なのでおやつはほどほどに。

そして、栄養が足りてないとお腹いっぱいであってもまだ何か食べたくなるので、バランスには気をつけようと思います。何か食べたい、と思っても梅干しを一個口にしただけで、もう欲しくなくなる事もあります。pHのバランスが取れていない、調整して、という体からのシグナルです。

食べ物については自分の身体に聞くのが一番いいのかもしれません。

注文したロイズのチョコレート菓子。チビチビ食べます。

 

今夜から長女が新生児を連れて里帰りして来ます。夫が仕事帰りに娘の家に寄って、荷物と共に連れてくる予定。

里帰りに伴って、これから毎週末娘の旦那さん、私にとっては娘婿、がうちに泊まりに来るという。新生児の世話だけでも疲れてないかな?来てもいいけど、毎週末はちょっと。。。。おまけに主人に婿を車で迎えにも行ってほしいという。

甘えすぎてない?わたしが主人の実家に寄る時、義理のお父さんに迎えに来てもらおう、とか言う発想はなかった。

なので夫に頼んで、娘と赤ん坊の世話だけでも大変なのだから、もう少しこちらの都合も考えて欲しい、と言ってもらいました。娘から返事があり、私を週末楽にするために婿に来てもらうのだと言う。娘婿はおむつ替え、ミルク、沐浴に至るまで一人でできるので、戦力になるのだそう。

 

ではお言葉に甘えて週末は調理以外は娘婿に任せるとしよう。

 

うちの家は全員コミュ障で、言葉に出して言わないことが多く、そして娘に至っては発想もユニークなので、親子と言えども訊ねてみないと真意はわからないものだと思いました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

健康と便利な生活

注文していた本が届いたので、ぼちぼち読んでいます。

娘がアトピーだったこともあってこの手の自然療法の本はこれまでも読みました。

なので、内容に抵抗はありません。

そして、やはり食事は手を抜いてはいけないな〜と実感。料理が好きではないので、アトピーが落ち着いてからは冷食やお惣菜に助けられて来ましたが、反面家庭が味気なくなることも実感しています。

どんどん手間を省いて楽になる現代の生活。今日はYouTubeで人口子宮の研究なるものを見ました。お腹で胎児を育まず、ガラスに覆われた人工子宮で退治を育てるらしいです。産道を通って産むことには母子ともに何らかの意味があるのでは?帝王切開の人もいますが、少なくとも10ヶ月胎児と一心同体でいました。その時間は無意味ではないのでは?と思いました。胎児が母体と繋がっている間に物理的以外にどんな変化を経験しているのか現代科学でわかるんですかね?

コメント欄は賛成の嵐です。上から10個ほどしか読んでいませんが。

どんどん自然から離れていく人類。

 

私は終末論者なので、いづれは医者にもかかれなくなる日が来る、と思っています。

その時にどう健康を維持するかは自分の知識にかかっています。

天は己を助くる者を助く、とはこう言うことかも。

奇跡をはじめから期待するのではなく、自分で備えておくのです。

その為のインスピレーションを神は与えてくれると思います。

 

さて、この本によると、やっぱり古来からの日本食が健康には良いと。

玄米、もしくは五分搗き米、味噌汁、漬物、野菜の煮物、といった食事です。

味噌、漬物などの発酵食品はちゃんと発酵させたもの、調味料に漬け込んで短期に作ったものや添加物を用いたものはじわじわと健康を損なうようです。

で、今日の昼はこんな感じでした。

私は沢庵は食べられないので、梅干しで代用。甘いものを食べて体が酸性に傾いた時に梅干しを食べるとスッキリするのです。また、ちょっと調子が悪い時に梅干しは良いですよ。

ちょっと離れておいてあるのはひよこ豆とレッドビーンズのトマト煮。これは小腹が空いた時にいつでも食べてます。肉を食べない私のタンパク源です。

そしてピッチャーに入っているのはタンポポの根を炒ったお茶。

 

山の家にはよもぎドクダミ等の野草が生えています。

慢性病の毒下しとして使われるドクダミ、整腸作用、血液浄化に良いよもぎ

ドクダミとげんのしょうこの組み合わせで赤痢も治ったとか。げんのしょうこもどこかにないか探してみよう。

我が家ではお米に古代米と(もちもちして美味しい)発芽米を混ぜて炊いています。

玄米は炊くのが手間なので。でも、玄米自然食で原爆症も完治された方がいるのです。もしかして今騒がれているワ○○ン後遺症も食で治るかも・・・?

お米をジャーで保温しておくと半日で酵素ビタミンB1も半量になるそうです。うちは2日くらいジャーに入れっぱなしなんで・・・汗

健康に生きるには便利な機器も使いこなす知恵があってこそなんですね。さて、毎日の炊飯、どうするかな?

 

自然療法のすすめ


今月末に娘が孫を連れて帰ってくることもあり、そして私の体調が今一つだったこともあり、東城百合子氏の「自然療法」の本を少し読んでみた。草根木皮を薬として用いる方法について書かれてある。私も西洋薬を飲んで病気が治癒した記憶がないので、(多少ましにはなるが、治らないと言う事)漢方やら、自然の物が好きです。

この東城氏、赤ん坊の頃落ちて脊髄に一生残る怪我をして、若い時に重い結核にかかったことでこの自然療法に関わることができた、と感謝すらしています。

災い転じて福となす、とことわざにありますが、これは先人たちの経験のこもった言葉なんですね。感謝に変える人生を生きたのもすごいことですが。

彼女の本を読み、娘が家にいる間身体に良い生活を、と思っています。旬のものを食べ、心持ちを明るくして、母子ともに健康でいられるように。

 

昨日夕方、かつて犬と散歩した川沿いの遊歩道を歩きました。その道沿いに会社のビルがあるのですがオーナーが変わったようで、壁に読めない漢字が三文字掲げてあり、旗が三本建てられていました。読めない漢字、赤い旗・・よく見るとやはり中国国旗でした。こんな田舎町にまで中国人が。

なぜか日の丸も中国国旗の横にありましたよ。敵対しない、と言うメッセージでしょうか?それとも真ん中が中国🇨🇳だったので、日本はその下、と言う事ですか?なんにせよ中国という大国が日本のような小さな国に敵意を持って反日教育しているのが意味わからない。

終わりの時の聖書のシナリオは、世界規模の地殻変動、疫病、北の軍事大国と同盟国の世界征服です。日本はアメリカの同盟国なので征服される立場になるのでしょうが、中国の日本侵略が現実味を浴びて来たようでちょっと怖い。それでも聖文には、備えていれば恐れる事はない、とあるのでただ備えを進めて行きます。心の乱れは自律神経を乱し、不健康と言う結果をもたらすので、明るく行きますよ。

 

夫が育てている野菜です。無農薬、無肥料で育てていますが、それなりに育っています。

 

左からかぼちゃ、プチトマト、きゅうり、ピーマンです。今日は昼は夏日でしたが、夜はひんやり涼しいです。そして聞こえる虫の声(え、もう?)野菜たちには寒いかな?

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

脆くなる身体

先週の月曜日に右足の小指をぶつけまして。

ぶつけるのはよくある事だと思うのですが、10年ほど前に職場で思い切り椅子を蹴ってしまい、事務所は靴厳禁だったもので、むき出しの指を折ってしまいました。当時は時間が経つほど痛みがひどくなり、翌日病院に行ったら骨が裂けている、との診断でした。

その時の事が頭をよぎりました。若ければ「痛ーーっ!」で済みますが、骨も脆くなっているので折れやすい(T ^ T)

患部を見ると腫れて内出血を起こしていました。ぶつけたのは指の外側、内出血は指の内側。

まずい、また折ったかな。が、それほど痛くないので、内出血が消えるまで安静にして、病院には行かずにすませました。

 

昔折った時は内出血がひと月以上消えなかったのです。介護の仕事で動くし、体重もかかるし、消えかかっても新たに出血していたんでしょうね。

今度は仕事もしていないので、安静にしていた間に1キロ太りました。太るは簡単、痩せるは難しいお年頃。代謝が落ちているのでね。

 

足だけではなくてなんだか色々やる気が起こらずずっとダラダラしていました。

今日鏡をみたら、なぜか緩んだ不細工な顔してる。やっぱり日頃の精神が顔に出ますね。

 

内出血の跡は消えたので、今日はウォーキングにも行き、勉強も始めました。ちょっと引き締まった表情になる事を期待しながら。

 

 

乾燥野菜は続けています。

ニンニクを収穫したので、乾燥させています。乾燥し終えたらパウダーにして保存します。

春なので(いやもう夏)園芸もしようかと思っています。

オールドローズ、ブラッシュノワゼット。庭をリフォームした時にバッサリ切られてしまいました。残してもらって移植し、復活しましたが、成長した木々の影になり、今年は花芽が一つもできませんでした。本来はとても強いお気に入りの可憐な花です。(写真はお借りしました)

このバラは派手さはないけど、庭を引き立ててくれます。挿木をして残したかったけど、挿木をするほど枝がないので、新たに注文しました。庭には植える所がないので、新苗を鉢で育てます。

我が庭で20年近く頑張ってくれたバラです。なので枯れずに残って欲しい。

派手さは無くとも、周りの世界を美しくしてくれるこのオールドローズのような、そんな人になりたいと思わせてくれるのです。花も口ほどに物を言う、ですね。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

冷たい私

夫には叔父が二人います。二人とも子供がいなくて、晩年は夫が世話をしていました。

世話と言っても、一緒に住んだり、身の回りの世話をしたり、ではなく、諸々の手続きを夫がしました。どこの老人ホームに行くか、お金はどうするか、そして必要なものを買い揃えたり、ホームから電話がかかってきた時は様々なことを決めたり。

一人は5年ほど前に亡くなり、もう一人は昨日亡くなりました。病気でもなく、枯れるようにだんだん弱って亡くなりました。苦しむことは無かったようです。

一年くらい、もうダメかも、と何度もホームから連絡を受けました。苦しまずに逝けるように、が私の願いでした。もう90歳を過ぎていますし。その意味では私の願いは叶った、と言えますね。

その人は奥さんは前に亡くなり、子供はいなくて、生涯借家に住み、貯金も無く、夫が手続きをして生活保護を受けられるようにして、もともと京都の人ですが、大阪のサ高住に入居しました。

もう一人の叔父は資産を残し、死んだら体は大学病院の献体に出すよう自分で手続きされていました。献体した後火葬されて、だいぶ後になって骨が帰って来ました。

先のことを考える人と都合が悪いことに目を背けて来た人とは最期が違うものだなぁ、と思いました。

昨日亡くなったおじさんとは一度だけ会ったことがありますが、人の良さそうな、よく話す、調子の良さそうな感じの人でした。夫曰く、通帳を見ると大金が何度か下ろされていて、騙されたのではないかと。真相はわかりませんが。

5年前に亡くなった叔父さんは有料老人ホームにいたので、亡き後の荷物はホームが処分してくれました。今回はリースしていたもの以外は全て自分で片付けなければならないそうです。

そして大量の衣服と収納家具と家電を夫が持って帰って来ました、山の家に。

テレビがついた、と夫は喜んでいましたが、NHKが来るじゃない、悍ましい。最近のNHK偏向報道は凄まじい。料金払う値打ちもない。

明後日おじさんは火葬されます。遺骨はうちが預かるそうです。お墓はないので、どうするか夫が考えるそう。人が亡くなると思うのですが、「お疲れ様でした。これで体の不自由さや、諸々の苦労から離れられますね。安らかにしばらくお休みになってください。」

 

私は冷たい女なので、死んだ人より生きている人が大事です。今日も時間が許すだけ、貯蔵に取り掛かっていました。私のため、と言うより、子供たちのためですね。

貯蔵しておいた乾燥いちじくを使ってスコーンを焼きました。見た目わる。

青い皿だと食欲減退するそうですね。なんでも自然の中にはない色だからとか。

私は変わらないですねw

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

梅仕事

たいそうなタイトルですが、梅干し作りではないです。

昨年、梅ジュースを作りました。甘い飲み物は歯に悪いので普段は飲みませんが、はちみつで作れば良いのでは?と梅とはちみつのみで作ってみました。

出来上がって炭酸水で薄めて飲むととても美味しい。

けれどジュース好きの夫が殆ど飲んでしまいましたので、今年は多めに作ります。

これで2キロ。洗ってヘタを取り、この作業が結構楽しい、そして乾かします。

 

袋に入れて冷凍庫に入れて2、3日凍らせます。

 

ペールをパストリーゼで消毒し、梅とはちみつ2キロを投入します。

蓋を閉めて常温で2、3週間放置で出来上がり。

 

このペール、イキイキペールと言う知る人ぞ知るペールなのですが、カビが生えにくい、生ゴミを入れても臭わないそうです。

薬品を練り込まれていると怖いですが、練り込まれているのは酵素だそうです。

 

出来上がったら夫の分と私の分は分けて置いておこうかと。

こだわりなくジュースなら何でも良いくせに、昨年はほぼ一人で飲み尽くされましたから。

食べ物の恨みは怖い。

私はこのジュースしか飲めないので一年のうちのこの時を楽しみにしていたのです。

 

先週長女がお産をしました。赤ちゃんは元気で生まれましたが、長女は妊娠中背骨を疲労骨折していたので、産後は貧血諸々も合わせて立てず、車椅子でいるそう。

コロナの影響か、病室で面会はできないのです。なので、多目的室で15分だけ面会できるそうですが、本人は多目的室まで歩いていけないと言うので、面会には行きませんでした。退院後はお婿さんが3.4日休みを取ったのでその間は実家に帰らず自分たちのマンションで過ごして、休みが終わるとうちに来るそうです。

夫婦で育てるので、お婿さんと子供を見るのは良いことです。料理もきっちりしてくれる旦那さんですし。

生まれる前はお腹が大きくなり過ぎている、と聞いていましたが、赤ちゃんは3040グラムで生まれたとか。普通じゃないですか。

また、妊娠中、チーズは食べたらダメ、生ハムもダメ。と食事制限もあり、赤ちゃんの肌に触れるもの全て、タオル、大人の服も含めて、は赤ちゃん用洗剤で洗濯するらしく、最近の妊娠は色々面倒だと思いました。

腰の悪い娘のため、腰によい敷布団を買い、綿100%のシーツを買い、赤ちゃん用洗剤で洗って待っていますよ。中国を信用していない私はベトナム製のものを探して買っています。シーツなど売っているものはほとんど中国製ですが、探せばベトナム製もあります笑

 

 

最後までお読みくださり、有難うございます。

血管年齢と薔薇と

寝込むことはないけれど、朝起きて最近思うのは、顔色悪いな〜、と言うこと。

調子が良ければ朝起きてすぐ腹筋運動して、夕方はウォーキングに出かける。

体力がなくなっていくのが悩みですが、もともと体が弱く、鍛えようとすると寝込むので、ぼちぼち動くのみ。

今日スーパーに行ったら、血管年齢測定します!と最近オープンしたフィットネスのお店の人が声をかけて来たので、やっていただいた。血管は若いのではないかな、と思いつつ。

60代ですが、血管年齢は40代でした。しかし握力は80代笑笑

虚弱でジムに通うなど無理だと言っているのに長い説明が終わらない。(ジムには)行きませんよ、と告げると笑って解放してくれました。

食べ物には気をつけているので、体の中は若いはず(希望的観測)外食は控え、お惣菜も控え、肉はほとんど食べず、豆でタンパク質をとり、野菜はできるだけオーガニックですから。甘いジュースなども飲みませんよ。コーヒーも紅茶も飲まず。夏は麦茶、冬はたんぽぽコーヒを飲みます。甘いものは好きですが、これもできるだけ時間を決めて食べます。体重計には毎朝乗ります。長生きより、健康に生きたいと思います。

 

昨日は山の家にバラ、ヨハンシュトラウスを植え付けて来ました。私のバラは2本だけ。つるアイスバーグと木バラのアイスバーグ。前の住人がバラを3、4本植えていて、真っ赤なバラやオレンジのバラ、剣弁高芯咲きと言うバラらしいバラがお好みだったようです。私はオールドローズと言われる牡丹みたいなバラが好きなんですが。そんな私にヨハンシュトラウスは初めてのイングリッシュローズです。

一番花が終わって刈り込まれて送られて来たヨハンシュトラウス。右はその花(画像お借りしました)。

 

夫の畑をパチリ。今年はまだ土ができていないので、期待していない、と言っていましたが、ブロッコリーがよく育っています。

全部育つと食べきれないと思うので、ほとんど乾燥させて保存します。

夫の畑。

菊菜1パックを乾燥させて粉にしました。こんなに少なくなります。食べる時はホットケーキ等の粉に混ぜて。

 

昨日は半日山の家にいたので、他のことはぼちぼちと。欲張らないのがそこそこ元気の秘訣です。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。